SR サイタマノラッパー

スポンサーサイト

  • 2015.12.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



福岡/天神シネマ閉館〜映画の灯(マチノヒ)〜

〜映画の灯(マチノヒ)〜

すなおに言うのであれば
自分は本当に調子がいい人間だと思う。
コノ事を書く事で改めて自分の底の浅さ、そして、自分の力の無さを痛感させられた。

前回の記事にも記載したが、
九州で初めて「SRサイタマノラッパー」を上映して下さった「天神シネマ」が10月末で閉館し解体される。

この事実を知ったのは、
丁度IKKUが「SRサイタマノラッパー1&2」の舞台挨拶&イベントで福岡に来ており、
「折角だから挨拶に行きましょう!!」と私が誘って一緒にお邪魔した時だった。

IKKUと支配人の感動な対面が終わり和気藹々と会話をし、
「天神シネマ」特有の何とも言えない空気感に身体を包まれている時だった。



支配人がぽつり...

「あっ、そうそうウチね10月末で閉館するから。」と

ほんの数秒、何を言われたのか判らなかった。
そして頭で理解出来た時、何とも言えない思いにかられた。



支配人との出会いは「SR」の公開が福岡で実現すると言う報を聞き、
「宣伝活動したい!!」と思い宣伝用のチラシを頂きにお邪魔した時だ。
その時からお話するようになったのだが、
そのつど「もっと早くにウチで上映出来ていたら良かったのに。」と
おっしゃられていたのである。



元々「天神シネマ」は1年前迄は「シネテリエ天神」として営業をしていた。
業態や名称の変更は何度か行われていたが一貫してミニシアター系映画や自主映画、映画雑誌「映画秘宝」に掲載される「地方では公開が難しそうな映画」を上映してくれる本当に自分の様な人間には良心的な映画館だった。

前回も書いたが、その安心感から「SRはこの映画館でなら上映されるでしょ。」とタカをくくっていた。
世の現実を直視する事をせずに。

「そうそう自分の様なボンクラな人間は多くない。」

その結果、業績不振と言う事で「シネテリエ天神」が閉館するとう報が入って来た。



「俺の馬鹿」。安易に考えていた「映画館は無くならない」と。
「あ〜、もうSRは福岡で観れないんだ〜。」そう思っていた。
その思いは自分以外にも数人居たようで、支配人もその声を聞いての発言であった。

その時に支配人は、
「前の業態なら、もっともっとサイタマノラッパーを宣伝出来たのに。
 以前と形態がちがうからね〜。申し訳ないよ。」と言われた。
いや、耳が痛かった。映画館に足を運ばない自分たちが悪いのに。

成人指定映画館に業態は変わっても、レイトショーだけはボンクラの自分の様な人間や映画が好きな地方都市の人間向けに最高の作品を上映して下さっていた。
本当に「良心的映画館」なのである。



支配人をはじめスタッフの方全員
「SRサイタマノラッパー」を愛して下さっている。
支配人はお会いするたびに、「監督の収入になるなら物販ドンドンするから」と
言って下さっていた。

支配人やスタッフの皆さんの映画に対する愛情はとても深い。
お話をする度に、言葉の端々からその思いを受ける事が出来た。
支配人はSRの公開初日に私用で立ち会えない事を大変悔やんでおられた。

先日、自分はどうしても閉館の日にお伺い出来ないので一足早いがご挨拶にむかった。
支配人から聞いた話が有る。

「入江監督はじめウチで上映する様な作品を作る若い監督には頑張って欲しい。ああ言う監督達が日本の映画の未来をになってくれるんだ。だから出来る事はやりたい。」

なんかもう鈍器で頭を横から殴られた様な衝撃を受けたのを覚えている。

挨拶にお伺いした時は、こうも話されていた。

「ウチの業務形態が変わってよかった所もある。こんな業態になって入江監督をはじめ色々な監督達が来てくれて本当に良かった。以前の業態ならどうだったか。もしかするとサイタマノラッパーも上映出来ていなかったかも。」と

残り少ない期間なのに、
映画を作るもの、映画を見るものに対しての愛情を向けてくれる姿がそこに有った。

自分がチラシ配りをした事に対して支配人は感謝をしてくださったが
スクリーンで「SRサイタマノラッパー」を上映して下さった、九州の地で初めて上映して下さった天神シネマの支配人をはじめスタッフの皆様にコチラこそ感謝をしなくては行けない。

シネコンにおされて天神シネマの様な形態の映画館は日本から次々と姿を消して行っている。
地方都市の映画館の閉鎖件数は尋常ではない。
挨拶にお伺いしたのに、小一時間程「映画館の未来」について話し込んでしまった。

「みんな大人になって子供の頃に感じた”映画館に行くワクワク感”を忘れてしまったのではないか?」

とそんな気がしてならなかった。(決してシネコンのスタイルを悪いと言っている訳ではない)

この様な映画館や支配人、スタッフの方々に「SRサイタマノラッパー」は支えられている
自分はそう思う。
もう、天神シネマで映画を観終わった後に階段を駆け上がり
観た作品に対しての思いにふけることは出来なくなる。



誰かが言った。
「映画は映画館で観る為に作られている。DVDではその受け止める事の出来ない作り手の思いを映画館では感じる事が出来る」と。

支配人も同じ事を言われていた。
あの空気感は映画館じゃないと感じられない。自分もそう思う。



その思いに応える為にも「SRサイタマノラッパー」と言う作品を
自分は応援し続けて行かなくては行けない。
そして、映画館に足を運ばなければいけない。

それが上映して下さった「天神シネマ」に出来る恩返しだと思う。
本当に「SRサイタマノラッパー」を上映して下さり応援した頂けた事を感謝しております。
ありがとうございました。

そして、今迄色々な作品を上映して下さった事に一人の映画好きとしてお礼を申します。
お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

〜text by  spunkyspank_jr こと 湧稲國 朝和〜

まだまだいくぞ、グンググーン!!



「SRサイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム」
〜 上映情報 〜



下高井戸シネマ 11/8(月)〜13(土)

シネマe-ra(静岡) 11/6(土)〜19(金)

シネマスコーレ(愛知) 上映終了

金沢シネモンド(石川) 10/9(土)〜22(金)

梅田ブルク7(大阪) 上映終了

神 戸アートビレッジセンター(兵庫) 上映終了

T・ジョイ京都(京都) 上映終了

横川シネマ!!(広島) 11/13(土)〜26(金)

シネマルナティック(愛媛) 11/6(土)〜12(金)

シアターキノ(北海道) 上映終了

苫小牧シネマトーラス(北海道) 10/9(土)〜22(金)

フォーラム山形(山形) 11月予定

フォーラム仙台(宮城) 上映終了

KBCシネマ(福岡) 上映終了

シ アター・シエマ(佐賀) 上映終了

シネマ5(大分) 10/19(火)〜22(金)

桜坂劇場(沖縄) 近日公開予定

★DVD&小説発売中! ※Amazon他、店舗でも販売中。

■受賞歴・記録■

◉モントリオール・ヌーヴォ国際映画祭招待上映
◉ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞
◉プチョン国際ファンタスティック映画祭NETPAC賞(アジア映画最高賞) 受賞
◉ニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバル(アメリカ)招待上映

◉第10回ドイツ“NIPPON CONNECTION”デジタルアワードノミネート
◉TBSラジオ「ライムスター宇多丸のシネマランキング2009」ベスト1位
◉新・文芸坐「気になる日本映画達2009上半 期ベストセレクション」
◉渋谷ユーロスペースで3日間の満員立見を記 録
◉池袋シネマ・ロサ初日レイトショー歴代動員記 録1位
◉「映画芸術」ベスト映画第6位
◉東スポ映画大賞監督賞ノミネート
◉毎日映画コンクール音楽賞ノミネート(作曲家岩崎太整)
◉映画監督協会新人賞(入江悠監督)
◉東京国際映画祭上映


博多からの「SRサイタマラッパー」応援記 その3

〜埼玉のブロ畑から博多の空に舞い降りた日(つづき)〜

(TEXT BY spunkyspank_jr 九州在住)

入江悠監督が...
なんと福岡に来ると言う一報が2010年07月28日に入った。

もう、何が何だか判らない状況。
当日迄は本当に本当に夢見心地。
当日、博多駅でお会いした時は「わ〜」って感じ。



で、ラーメン食いながらタマフルの「SRサイタマノラッパー2」評を聴くと言う、
摩訶不思議な時間が過ぎたあと、USTREAMを使って各地のSRファンと映画談義
当初30分位の予定が拡大2時間半の長丁場。
その間に大量のマリブミルク(カクテル)とチョコレートパフェが消費された。

翌日は舞台挨拶を2件もこなした後、
SRファンの有志20名を引き連れて居酒屋へ。
いや〜、本当にパワフルでエネルギッシュである。
そのエネルギーが作品に反映されているのだと実感した夜だった。



翌日は地元TVや雑誌の取材、車の中では携帯でラジオ出演とこなして行き
あれよあれよと言う間に帰路につかれた。
いや〜、何で自分が一緒にいるのか良くわからない3日間を過した。

そうこう言っていると、また新たな連絡がはいった。
今度はMC IKKUこと駒木根 隆介氏が福岡に来ると。

本当に夢の様な事が次々とおこる。

そうこうしていたらあっという間に2010年09月17日にIKKUが来福。
その日は劇場迄は御一緒したのだが自分は諸事情により一足先においとました。
翌日は飛行機の時間迄フリーと言う事でガッツリ福岡の街を楽しんでもらった(笑)

「SRサイタマノラッパー」を九州ではじめて上映して頂いた天神シネマへご挨拶。
支配人と楽しくお話をさせて頂いていたのだが
最後に支配人から「10月一杯で閉館するから」と...
挨拶にお邪魔して本当に良かったと思う反面、
また映画館の火が一つ消えてしまうのだと悲しさを覚えた。

空港でお土産を目一杯買い込んだIKKUは一路東京へ。

2月から始まった自分のSR騒動もこれで一段落、
かとおもいきや
別映画の舞台挨拶で、千夏じゃない「みひろ」嬢が来るじゃないかww
(自称)SRクルーとしては行くしかない!!ww

3の製作も進むみたいだ。
まだまだ自分のSR熱は冷めないな。
一体いつ完結するのやら(笑)

(今回で終わり!!)

まだまだいくぞ、グンググーン!!

■「SRサイタマノラッパー」上映情報■

シネマe-ra(静岡) 11/6(土)〜19(金)

シネマスコーレ(愛知) 上映終了

金沢シネモンド(石川) 10/9(土)〜22(金)

梅田ブルク7(大阪) 上映終了

神戸アートビレッジセンター(兵庫) 9/4(土)〜11(金)

T・ジョイ京都(京都) 上映終了

シアターキノ(北海道) 上映終了

苫小牧シネマトーラス(北海道) 10/9(土)〜22(金)

フォーラム仙台(宮城) 9/18(土)〜24(金)

KBCシネマ(福岡) 上映終了

シアター・シエマ(佐賀) 9/25(土)〜10/1(金)

シネマ5(大分) 10/19(火)〜22(金)

桜坂劇場(沖縄) 近日公開予

★DVD&小説発売中! ※
Amazon他、店舗でも販売中。


■受賞歴・記録■

◉モントリオール・ヌーヴォ国際映画祭招待上映
◉ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞
◉プチョン国際ファンタスティック映画祭NETPAC賞(アジア映画最高賞)受賞
◉ニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバル(アメリカ)招待上映

◉第10回ドイツ“NIPPON CONNECTION”デジタルアワードノミネート
◉TBSラジオ「ライムスター宇多丸のシネマランキング2009」ベスト1位
◉新・文芸坐「気になる日本映画達2009上半期ベストセレクション」
◉渋谷ユーロスペースで3日間の満員立見を記録
◉池袋シネマ・ロサ初日レイトショー歴代動員記録1位
◉「映画芸術」ベスト映画第6位
◉東スポ映画大賞監督賞ノミネート
◉毎日映画コンクール音楽賞ノミネート(作曲家岩崎太整)
◉映画監督協会新人賞(入江悠監督)



博多からの「SRサイタマラッパー」応援記 その2

 〜埼玉のブロ畑から博多の空に舞い降りた日(つづき)〜

(TEXT BY spunkyspank_jr 九州在住)

「SRサイタマノラッパーが福岡で公開される!!」

その映画館は福岡の所謂若者文化が流れていたストリート、
通称「親不孝通り(現・親富孝通り)」にあり、単館系映画を(特に映画秘宝的なものをw)積極的に公開していたのだが、時の流れには勝てず今は成人指定映画館に業務転換された「天神シネマ(旧・シネテリエ天神)」



もう心が弾む弾む(笑)

そうなるといても立ってもいられなくなり、
「俺が宣伝しちゃる!!」
(方言)と思い、
行動を起こす事になった。

同僚の@k66rira10ve を「みひろファン」というだけで巻き込み
福岡での宣伝活動を行う事になったのだが...
これがもう苦労の連続(笑)

チラシを配ろうと町中に出ると、連日の記録的豪雨にみまわれ
晴れたかと思うと、記録的猛暑の為、熱暑病になりあける(いやなったのか?)始末。



大雨の時は流石に神頼みしたくなり、
博多ではおなじみの「警固神社」にお参りに行った(笑)



猛暑の中を手作りの看板背負って、白い目で見られながら疾走したのもつかの間。
そうこうしているうちに、
とうとう天神シネマでの公開日2010年7月24日がおとずれた。



九州上映初日迄はなんやかやで1人では宣伝してまわる事が少なかったので
「ギリギリ迄出来る事はやる」と言うおもいで
もっとも人が往来する西鉄天神駅前にある天神イムズ前でのチラシ配りを決行。
日はすっかり落ちてあたりは週末の買い物を行なう家族や、
2人っきりの甘い時間を過ごす男女、観光を楽しむグループ。
それを横目に、露天商のお兄さんに喧嘩を売られつつも、
チラシを配り始めるも...

誰も受け取ってくれない!!ww

正直...はじめて心が折れた。ポッキリと。
早々にその場を退散し一路天神シネマへ。

天神シネマに行くさなかに、「これでもし入場者が一桁だったらどうしよう?」
胃が痛くなり嘔吐しそうになりながら劇場前へ...。

人がいた。それだけでテンションが上がった。



劇場の階段を下りてロビーに向かうと

そこにも人が

何とも言えない感情が沸き上ってきた

満席とは行かなかったが劇場の半分が埋まった事に大いな喜びを覚えた。

その後有志とささやかな打ち上げを行なった。超楽しかったww



(次回、感動の出会い篇!!)

まだまだいくぞ、グンググーン!!

■「SRサイタマノラッパー」上映情報■

シネマe-ra(静岡) 11/6(土)〜19(金)

シネマスコーレ(愛知) 上映終了

金沢シネモンド(石川) 10/9(土)〜22(金)

梅田ブルク7(大阪) 上映終了

神戸アートビレッジセンター(兵庫) 9/4(土)〜11(金)

T・ジョイ京都(京都) 上映終了

シアターキノ(北海道) 上映終了

苫小牧シネマトーラス(北海道) 10/9(土)〜22(金)

フォーラム仙台(宮城) 9/18(土)〜24(金)

KBCシネマ(福岡) 上映終了

シアター・シエマ(佐賀) 9/25(土)〜10/1(金)

シネマ5(大分) 10/19(火)〜22(金)

桜坂劇場(沖縄) 近日公開予

★DVD&小説発売中! ※
Amazon他、店舗でも販売中。


■受賞歴・記録■

◉モントリオール・ヌーヴォ国際映画祭招待上映
◉ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞
◉プチョン国際ファンタスティック映画祭NETPAC賞(アジア映画最高賞)受賞
◉ニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバル(アメリカ)招待上映

◉第10回ドイツ“NIPPON CONNECTION”デジタルアワードノミネート
◉TBSラジオ「ライムスター宇多丸のシネマランキング2009」ベスト1位
◉新・文芸坐「気になる日本映画達2009上半期ベストセレクション」
◉渋谷ユーロスペースで3日間の満員立見を記録
◉池袋シネマ・ロサ初日レイトショー歴代動員記録1位
◉「映画芸術」ベスト映画第6位
◉東スポ映画大賞監督賞ノミネート
◉毎日映画コンクール音楽賞ノミネート(作曲家岩崎太整)
◉映画監督協会新人賞(入江悠監督)



博多からの「SRサイタマラッパー」応援記 その1

〜埼玉のブロ畑から博多の空に舞い降りた日〜

(TEXT BY spunkyspank_jr 九州在住)

はじまりは2009年3月12日。

Rhymester宇多丸のウィークエンド・シャッフルでの、
シネマハスラーと言うコーナーからだった。
最初は「おっ? 宇多さん絶賛してるな〜。」程度で放送を聴いていた。
少なからずもこの時は「絶対に観たい」とは思っていなかった。
「評判良ければ福岡でも上映されるっしょ」と思っていた。



地方と東京の上映のタイムラグはいつもいつも思い知らされている事だったから、
今回もそうだと思い込んでいた。
しかし、評判が増すにつれても一向に福岡公開の話が出てこなかった。
其の時から「やべえ、観たい」と言う気持ちが沸々と湧いて来た。

そうこうして1年が過ぎようとしたある日。

2010年2月26日に新宿バルト9にて「タマフル映画祭」と銘打ち、
SRサイタマノラッパーの上映が有ると言う事を知り、
チケットを入手する前に連休を収得し、
バルト9で映画を観る為仕事の昼休みに早々と入り、
携帯を片手にe+の先行に挑むも...
1分で敗戦。

休みも収得しているしと腐っていたら、
タマフルではおなじみのアシッドパンダ(通称:アシパン)で、
バルト9のチケット争奪戦に破れた落武者達が恨み節を込めて集ると言う事を聞きつけて、
東京に行く事にした。

アシパンでの集りは大変面白かったのだが、心に引っかかる物も有った。
それはただ一つ「観れなかった」と言う事。
アシパンでの翌日にはサイタマノラッパー評も載った「シネマハスラー」の本も発売され、
タマフルの放送では劇中に登場するSHO-GUNGのメンバーが歌うONCE AGAIN SHO-GUNG remix [from SR サイタマノラッパー]を聴いて、
「何なんだコイツら!? 正体が知りたい!! 映画が観たい!!」と強く思う様になった。



日々そう言った思いをTwitterで当ても無く呟いていた。
で、そんな日々はもう嫌だと思ったので、

4月になったある日

「どうすれば九州で公開出来るだろう?」
「そうだ、福岡でどれ位の需要が有るだろうか知りたい」と

思う様になり、実行に移す事にした。
動いてみると厳しい現実が突きつけられた。

アンケート活動の為に色々な所にお伺いを立てるも急すぎて了解がもらえず、
心当たりの単館系映画館に交渉に行くと、
「収益の見込めない映画の公開は出来ない」と一蹴されてしまった。

「まあ、地方の現状なんてこんなものよね。」と
頭では思っていたのだが心の中では悔しさしかなかった。

すると、思っても見なかった知らせが舞い込んで来た。

(次回、熱風の九州宣伝活動篇へ!!)

まだまだいくぞ、グンググーン!!

■「SRサイタマノラッパー」上映情報■

シネマe-ra(静岡) 11/6(土)〜19(金)

シネマスコーレ(愛知) 上映終了

金沢シネモンド(石川) 10/9(土)〜22(金)

梅田ブルク7(大阪) 上映終了

神戸アートビレッジセンター(兵庫) 9/4(土)〜11(金)

T・ジョイ京都(京都) 上映終了

シアターキノ(北海道) 上映終了

苫小牧シネマトーラス(北海道) 10/9(土)〜22(金)

フォーラム仙台(宮城) 9/18(土)〜24(金)

KBCシネマ(福岡) 上映終了

シアター・シエマ(佐賀) 9/25(土)〜10/1(金)

シネマ5(大分) 10/19(火)〜22(金)

桜坂劇場(沖縄) 近日公開予

★DVD&小説発売中! ※
Amazon他、店舗でも販売中。


■受賞歴・記録■

◉モントリオール・ヌーヴォ国際映画祭招待上映
◉ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞
◉プチョン国際ファンタスティック映画祭NETPAC賞(アジア映画最高賞)受賞
◉ニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバル(アメリカ)招待上映

◉第10回ドイツ“NIPPON CONNECTION”デジタルアワードノミネート
◉TBSラジオ「ライムスター宇多丸のシネマランキング2009」ベスト1位
◉新・文芸坐「気になる日本映画達2009上半期ベストセレクション」
◉渋谷ユーロスペースで3日間の満員立見を記録
◉池袋シネマ・ロサ初日レイトショー歴代動員記録1位
◉「映画芸術」ベスト映画第6位
◉東スポ映画大賞監督賞ノミネート
◉毎日映画コンクール音楽賞ノミネート(作曲家岩崎太整)
◉映画監督協会新人賞(入江悠監督)



関連メルマガ
僕らのモテるための映画聖典 メルマガ
SRファン必見!映画×モテという2大テーマに挑むメルマガ!試し読みはコチラから
オフィシャル商品
ブロッコRADIO
入江悠(映画監督)×岩崎太整(作曲家)×上鈴木伯周(TKD先輩)+αで送る半径1Mのポッドキャスト!!
ブロッコRADIO Vol.1
「入江悠の残高○万円!」

ブロッコRADIO Vol.2
「恐怖!隣人からの壁ビートボックス」

ブロッコRADIO Vol.3
「野外録音ネイチャー派・MC TECの豪快な話」

ブロッコRADIO Vol.4
「音のマジシャン・山本タカアキ氏登場!」

ブロッコRADIO Vol.5
「監督入江からMCイックへの”かわいがり”!?」

ブロッコRADIO Vol.7
「入江×spotted直井×林賢一(放送作家)×他」

ブロッコRADIO Vol.8
「サントラ裏話。SR2準備中!」

ブロッコRADIO Vol.9
「SR2上映1ヶ月くらい前SP」

ブロッコRADIO Vol.10
「SR2の宣伝活動&イックとトムが歌舞伎に出演!」

ブロッコRADIO Vol.11
「SR2劇場公開翌日!皆のアイドルMCトムが登場♪」

[2011/07/05]
ブロッコRADIO Vol.12
「僕達はどうやってSRサイタマノラッパー3を作ればいいのか!?」

[2011/07/05]
ブロッコRADIO Vol.13
「SRサイタマノラッパー2 本編上映生コメンタリー完全版」

[2011/10/10]
ブロッコRADIO Vol.14
「SRサイタマノラッパー3 クランクアップだバカヤローーー!!」

[2011/10/29]
ブロッコRADIO Vol.15
「入江監督登場!しかし現実は…問題山積み大渋滞!」

[2012/1/10]
ブロッコRADIO Vol.16
「絶賛編集中!完成間近!しかし宣伝費が…」

[2012/4/8]
ブロッコRADIO Vol.17
「サントラ&書籍について語る!」

[2012/4/8]
ブロッコRADIO Vol.18
「まったなしの公開直前!意気込みを語る!」

[2012/5/3]
ブロッコRADIO Vol.19
「絶賛上映中!そしてもっとたくさんの人に観てもらいたい!」

[2012/5/18]
ブロッコRADIO Vol.20
「イベント『さよならSHO-GUNG』終了。そして地方の映画館へ。」

[2012/6/04]
ブロッコRADIO Vol.21
「6/9(土)究極のトークショー開催!」
ブログパーツ
categories
links
archives
recent comment
sponsored links