SR サイタマノラッパー
<< サイタマノラッパー|蒟蒻Daddy - SRサイタマノラッパー2 O.S.T - | main | 自転車でめぐるSRの旅 「花の街ふかや映画祭」の巻 >>

スポンサーサイト

  • 2015.12.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



「SRサイタマノラッパー体験」by 水村聡

「映画、好きですか?」
 
こう聞かれて「No」と答える人はあまりいないと思う。
 
では、映画を日常的に観るか?よく映画館に行くか?一人でも映画を見に行くか?
 
そう聞かれると、多くの人は残念ながら「No」と答えると思う。
 
僕自身そうだ。いや、そうだった。
僕の場合、たまたま回りの友人達が映画関係の仕事に就いていた縁もあり
平均的な人よりも映画館へ足を運ぶ回数は多かったかもしれない。
それでも、一人で映画を見に行くなんて経験は皆無だった。
 
レペゼンぼんやりとした映画好きa.k.a映画産業を支えるマジョリティ
そんな自分が、ちょっと変わったよ。変わらされたよ、という話をお届けします。
 
そう、これはごく個人的な小さい革命の思い出です。
 
ある日の午後。
仕事をサボってネットを見ていたら、とあるブログにて、とある映画の記事を見つけた。
 
聞いた事のないタイトルの映画。
 
「SR サイタマノラッパー」
 
ふ〜ん、面白そう。
いつもならばそこで話は終わるのだが、何故か心に引っかかる。
さらにタイミングが良い事に、ちょうど渋谷にてリバイバル上映が始まるらしい。
 
気がつくと、仕事の後、雨の中一人で渋谷に来ていた。
映画館はユーロスペース。渋谷のホテル街の真ん中。
 
6月とは言え、まだ肌寒く、そして雨。個人的な事情もあり(ありていに言えば失恋)
かなり陰鬱とした気持ちで渋谷を歩いた。
 
初めて行ったユーロスペースは、こじんまりとしているけれど綺麗で明るく、映画は基本的に
シネコンでしか観てこなかった僕にとっては、新鮮で好ましかった。
 
上映開始の数10分前に着いたにも関わらず、既にロビーには人が溢れていた。
雨の中、一人陰鬱とした気持ちで歩いてきたからかもしれないが
そこはとても暖かく、期待感と高揚感に満ちていた気がする。
例えるならば、ようやく来日したアーティストのライブ前の会場の雰囲気か。
 
いつもと何かが違う。
そうか。それもそのはず。
ここにいるのは、この映画を見つけ、この映画が観たくてここへ来た人達なんだ。
 
話題になってるから…
なんとなく面白そうだから…
ヒマだから映画でも見る?
 
そうじゃない。ここにいる人達はみんな「SR サイタマノラッパー」を見に来たんだ。
これは鑑賞じゃなくて、体験なんだ。
ライブなんだ。

上映前、上映中、そしてエンドロールが終わるまで客席を支配する一体感。
(もちろん映画は素晴らしい。ただ内容についての批評は専門家や映画通の方に譲ります)

この映画はいつも、その場所で起こっている。
その時その場所で音楽が鳴っている。
どう考えても、これはライブだ。
 
 その後、何度も映画館に足を運び、その度に感じるこの不思議な感覚。
他の映画ではなかなか味わえないライブ感。客席の一体感。
 
商品としてパッケージ化していないからこそ成立するコール&レスポンス。
 
「映画は映画館で」
 
それが、その理由がよくわかった。わからされた。
映画を観るって本当はこういう行為だったんだ。

SRクルーよ。その本当の意味を体験させてくれてありがとう。
 
あの場所から、でっかい声で「無視すんな!」と叫び続けてくれてありがとう。
 
「SR サイタマノラッパー」、そして「SR サイタマノラッパー2〜女子ラッパー☆傷だらけのライム〜」は今までにない広まり方をしていると思う。
 降りてくる情報を待つのではなく、この映画を体験した皆が「無視すんな!」という叫び声に呼応して自分の事のように大事に思い、そしてその楽しみを共有すべく、自分達の手で広めていっている。
 コール&レスポンスが巻き起こしたうねりに皆が自分から飛び込み、さらに大きな波を起こしている。
こんな映画は他にないと思う。もはやスクリーンの中と外の壁すら飛び越えた。
映画って凄い。それが良く分かるよ。
 
まだこの映画が届いていない所でも、でっかい声で叫び続ければ、きっとSRクルーはやってくる。
今日も、どこかの映画館で起きているあのコール&レスポンスを早く皆に体験して欲しい。
切にそう願う。
ご静聴ありがとうございました。
 

(一足先に栃木にいってパワーを注入しておきました@華厳の滝にて)

text by 水村 聡

まだまだいくぞ、グンググーン!!

下高井戸シネマ 11/8(月)〜13(土)

シネマe-ra(静岡) 11/6(土)〜19(金)

シネマスコーレ(愛知) 上映終了

金沢シネモンド(石川) 10/9(土)〜22(金)

梅田ブルク7(大阪) 上映終了

神戸アートビレッジセンター(兵庫) 上映終了

T・ジョイ京都(京都) 上映終了

横川シネマ!!(広島) 11/13(土)〜26(金)

シネマルナティック(愛媛) 11/6(土)〜12(金)

シアターキノ(北海道) 上映終了

苫小牧シネマトーラス(北海道) 10/9(土)〜22(金)

フォーラム山形(山形) 11月予定

フォーラム仙台(宮城) 上映終了

KBCシネマ(福岡) 上映終了

シアター・シエマ(佐賀) 上映終了

シネマ5(大分) 10/19(火)〜22(金)

桜坂劇場(沖縄) 近日公開予定

★DVD&小説発売中! ※Amazon他、店舗でも販売中。

■受賞歴・記録■

◉モントリオール・ヌーヴォ国際映画祭招待上映
◉ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞
◉プチョン国際ファンタスティック映画祭NETPAC賞(アジア映画最高賞)受賞
◉ニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバル(アメリカ)招待上映

◉第10回ドイツ“NIPPON CONNECTION”デジタルアワードノミネート
◉TBSラジオ「ライムスター宇多丸のシネマランキング2009」ベスト1位
◉新・文芸坐「気になる日本映画達2009上半期ベストセレクション」
◉渋谷ユーロスペースで3日間の満員立見を記録
◉池袋シネマ・ロサ初日レイトショー歴代動員記録1位
◉「映画芸術」ベスト映画第6位
◉東スポ映画大賞監督賞ノミネート
◉毎日映画コンクール音楽賞ノミネート(作曲家岩崎太整)
◉映画監督協会新人賞(入江悠監督)



スポンサーサイト

  • 2015.12.03 Thursday
  • -
  • 14:19
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
関連メルマガ
僕らのモテるための映画聖典 メルマガ
SRファン必見!映画×モテという2大テーマに挑むメルマガ!試し読みはコチラから
オフィシャル商品
ブロッコRADIO
入江悠(映画監督)×岩崎太整(作曲家)×上鈴木伯周(TKD先輩)+αで送る半径1Mのポッドキャスト!!
ブロッコRADIO Vol.1
「入江悠の残高○万円!」

ブロッコRADIO Vol.2
「恐怖!隣人からの壁ビートボックス」

ブロッコRADIO Vol.3
「野外録音ネイチャー派・MC TECの豪快な話」

ブロッコRADIO Vol.4
「音のマジシャン・山本タカアキ氏登場!」

ブロッコRADIO Vol.5
「監督入江からMCイックへの”かわいがり”!?」

ブロッコRADIO Vol.7
「入江×spotted直井×林賢一(放送作家)×他」

ブロッコRADIO Vol.8
「サントラ裏話。SR2準備中!」

ブロッコRADIO Vol.9
「SR2上映1ヶ月くらい前SP」

ブロッコRADIO Vol.10
「SR2の宣伝活動&イックとトムが歌舞伎に出演!」

ブロッコRADIO Vol.11
「SR2劇場公開翌日!皆のアイドルMCトムが登場♪」

[2011/07/05]
ブロッコRADIO Vol.12
「僕達はどうやってSRサイタマノラッパー3を作ればいいのか!?」

[2011/07/05]
ブロッコRADIO Vol.13
「SRサイタマノラッパー2 本編上映生コメンタリー完全版」

[2011/10/10]
ブロッコRADIO Vol.14
「SRサイタマノラッパー3 クランクアップだバカヤローーー!!」

[2011/10/29]
ブロッコRADIO Vol.15
「入江監督登場!しかし現実は…問題山積み大渋滞!」

[2012/1/10]
ブロッコRADIO Vol.16
「絶賛編集中!完成間近!しかし宣伝費が…」

[2012/4/8]
ブロッコRADIO Vol.17
「サントラ&書籍について語る!」

[2012/4/8]
ブロッコRADIO Vol.18
「まったなしの公開直前!意気込みを語る!」

[2012/5/3]
ブロッコRADIO Vol.19
「絶賛上映中!そしてもっとたくさんの人に観てもらいたい!」

[2012/5/18]
ブロッコRADIO Vol.20
「イベント『さよならSHO-GUNG』終了。そして地方の映画館へ。」

[2012/6/04]
ブロッコRADIO Vol.21
「6/9(土)究極のトークショー開催!」
ブログパーツ
categories
links
archives
recent comment
sponsored links