SR サイタマノラッパー
<< Face Book Fan Page 公開中です! | main | SRサイタマノラッパー3《極私的撮影日記》 第12回 >>

スポンサーサイト

  • 2015.12.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



SRサイタマノラッパー3《極私的撮影日記》 第11回

 

《極私的撮影日記》
ー第11回 Never Give Up・あきらめないこと 1―



【狂気の沙汰】を辞書で引くと《冗談、問題外、途方もない、無茶苦茶》と出るのですが、今回のフェス・シーンは業界的にはそういう事になるらしいのです。

「自主映画でシリーズもの?3作目?」とか「ボランティア・スタッフに建て込みをさせる?」とか、まあ、そのいろいろです。「価格破壊されては困る」そういう人も居て、どこにでもネガティブな事を言うやからは存在しますが、今回の撮影に関しては、したり顔で進言する人のほうが、まあ「まとも」っぽいかもです。

アクション・シーンが6つある、《冗談》のようです。
移動距離が1㌔、《問題外》です。殴って、走って、しかも車に乗りこんで、降りる。また殴って、もみ合って、その合間にラップも演奏。
エキストラ1000人、もちろん《途方もない》です。それを動かすのが計10人の助監督ていうのも、もちろん聞いた事ないはずです。「20世紀少年かっ」と突っ込まれもしました。
まあ、それを約15分のワン・シーン、ワン・カットの長回しで撮るって言うんだから、《無茶苦茶》です。




なので、まあ【狂気の沙汰】です。

23日・野外フェス撮影初日。
台風後の建て込みの修理も奇跡的に終了しましたが、会場の土は乾かず泥となってスタッフの足に絡み付きました。撮影部’も録音部も助監督もキャストとともに走る走る。全力走に近い形で会場を駈けるし、撮影部は後ろ向きに走るので非常に危険。おまけに数百人のエキストラの間を縫って走るのです、その後アクション・シーンがあったり、トラックの後ろに乗り込んだり、そして降りたり。そこで撮影部が滑ってこけたりしたら、そこの時点でアウトーです。





キャストはずっと走っていますので、着用している履きものが壊れる事態に何度も遭遇しました。その度に修繕。
アクションも常に10人以上のキャストが動員されますので、怪我も心配ですし、エキストラも絡みますから、最良の演技が要求されます。シーン ラストには50人以上のキャストがもみ合います。
そして、ライブも。
6つのアクション・シーンを長まわしで撮る、というのは、実に奇跡的にタイミングがあってはじめて成立するもの。端で見ている1000人のエキストラの目にも明らかです。
その上の門限。

日没後の6時過ぎ頃から始める撮影。だがエキストラの多くが電車での参加の為、終電に間に合うには、会場を9時に出発しないといけないのです。車参加の居残り組も夜通し撮影できるわけではないのです。




周辺には民家が並んでいますから、深夜に至る騒音は絶対のNGです。
時間との戦いなのです。
一回撮って、モニターで確認するのにも、15分かかるわけですから、準備→撮影→確認、とひと通りで1時間はゆうに必要となるのです。

すべての条件、すべてのタイミングが完璧に揃った、だけど、キャストがもう少しいい表情を出すかもしれない、エキストラがもっといい動きをするかもしれない。
入江監督には「これでいいや」の文字はありません。
あきらめない。

妥協しない。
スタッフ、キャストを心から信じないと出来ない賭けですし、何より自分自身を信じないと。
「カット、はいじゃあもう一回行きます」
入江監督の声が響きました。






TEXT by 宣伝番長(AKA NY宣伝部長 EMI)


(次回へつづく)






★DVDと原作小説が絶賛発売中

★Amazonほか店舗でも販売中

    

■受賞歴・記録■
◉モントリオール・ヌーヴォ国際映画祭招待上映 
◉ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞 
◉プチョン国際ファンタスティック映画祭 NETPAC賞(アジア映画最高賞)受賞
◉ニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバル(アメリカ)招待上映
◉第10回ドイツ“NIPPON CONNECTION”デジタルアワードノミネート
◉TBS ラジオ「ライムスター宇多丸のシネマランキング2009」ベスト1位 
◉新・文芸坐「気になる日本映画達2009上半期ベストセレクション」 
◉渋谷ユーロスペースで3日間の満員立見を記録 
◉池袋シネマ・ロサ初日レイトショー歴代動員記 録1位
◉「映画芸術」ベスト映画第6位 
◉東スポ映画大賞監督賞ノミネート
◉毎日映画コンクール音楽賞ノミネート(作曲家 岩崎太整)
◉第50回日本映画監督協会新人賞(入江悠監督)
◉2010年東京国際映画祭 映画祭&監督協会コラボ上映




スポンサーサイト

  • 2015.12.03 Thursday
  • -
  • 23:17
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
関連メルマガ
僕らのモテるための映画聖典 メルマガ
SRファン必見!映画×モテという2大テーマに挑むメルマガ!試し読みはコチラから
オフィシャル商品
ブロッコRADIO
入江悠(映画監督)×岩崎太整(作曲家)×上鈴木伯周(TKD先輩)+αで送る半径1Mのポッドキャスト!!
ブロッコRADIO Vol.1
「入江悠の残高○万円!」

ブロッコRADIO Vol.2
「恐怖!隣人からの壁ビートボックス」

ブロッコRADIO Vol.3
「野外録音ネイチャー派・MC TECの豪快な話」

ブロッコRADIO Vol.4
「音のマジシャン・山本タカアキ氏登場!」

ブロッコRADIO Vol.5
「監督入江からMCイックへの”かわいがり”!?」

ブロッコRADIO Vol.7
「入江×spotted直井×林賢一(放送作家)×他」

ブロッコRADIO Vol.8
「サントラ裏話。SR2準備中!」

ブロッコRADIO Vol.9
「SR2上映1ヶ月くらい前SP」

ブロッコRADIO Vol.10
「SR2の宣伝活動&イックとトムが歌舞伎に出演!」

ブロッコRADIO Vol.11
「SR2劇場公開翌日!皆のアイドルMCトムが登場♪」

[2011/07/05]
ブロッコRADIO Vol.12
「僕達はどうやってSRサイタマノラッパー3を作ればいいのか!?」

[2011/07/05]
ブロッコRADIO Vol.13
「SRサイタマノラッパー2 本編上映生コメンタリー完全版」

[2011/10/10]
ブロッコRADIO Vol.14
「SRサイタマノラッパー3 クランクアップだバカヤローーー!!」

[2011/10/29]
ブロッコRADIO Vol.15
「入江監督登場!しかし現実は…問題山積み大渋滞!」

[2012/1/10]
ブロッコRADIO Vol.16
「絶賛編集中!完成間近!しかし宣伝費が…」

[2012/4/8]
ブロッコRADIO Vol.17
「サントラ&書籍について語る!」

[2012/4/8]
ブロッコRADIO Vol.18
「まったなしの公開直前!意気込みを語る!」

[2012/5/3]
ブロッコRADIO Vol.19
「絶賛上映中!そしてもっとたくさんの人に観てもらいたい!」

[2012/5/18]
ブロッコRADIO Vol.20
「イベント『さよならSHO-GUNG』終了。そして地方の映画館へ。」

[2012/6/04]
ブロッコRADIO Vol.21
「6/9(土)究極のトークショー開催!」
ブログパーツ
categories
links
archives
recent comment
sponsored links