SR サイタマノラッパー
<< SRサイタマノラッパー3《極私的撮影日記》 第11回 | main | SRサイタマノラッパー3《極私的撮影日記》 第13回 >>

スポンサーサイト

  • 2015.12.03 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています



SRサイタマノラッパー3《極私的撮影日記》 第12回


《極私的撮影日記》
ー第12回 Never Give Up ーあきらめないこと 2ー


フェス撮影初日、その翌日は、1日中晴天が続くことはなく、晴れ間の空にあっという間に雲が覆い、突然に激しい雨が降り付けました。体力、気力共に折れそうになるスタッフ、キャストたち。泥と雨水との戦い。北関東の夜の、想像以上の冷え込み。それが寝不足と疲れの溜まった身体を容赦なくむち打ったのです。
監督は23日のフェス撮影中雨の中ずっと外にいて、体調を崩していましたし、TOM さんは声が出なくなっていました。マイティもずっと風邪気味です。行けるのか、このまま。




そんな危惧は杞憂となるかのように、最終日の25日には一転、秋晴れが整ったのです。映画の神様が微笑んでくれたのでしょうか。不安定だった地面も乾き上がり、手放せなかった「SRクルー」の正装【長靴】が必要ないほど。



『SRサイタマノラッパー3』フェスシーンの最終日は、午後から1000人近いエキストラが集まり、最高の天候!





その日の撮影も、アクション、走る、走る、アクション、走る、車に乗る、車から降りる、フェス会場舞台前、と移動を繰り返します。
初日である23日のエキストラより人数は約2倍。なので、もちろん動きも違います。

A B C D と4つにグループ分けし、各グループのポジションを決め、それぞれの動きを担当の助監督さんが細かく指示します。
アクション場周りのエキストラたちは、キャストにぶつかられたり、やじを飛ばしたり、かなりの芝居が要求されたのですが、みなさん観客役を楽しんでいるようでした。




テスト、
本番、
「はい、カットー」
キャストを先頭に、スタッフの一段が走り去り、場所を移動して行く。レンガ工場跡地外にいったん移動して、また舞台前のスタート地点に戻る。エキストラたちが待ち受けるのですが、部隊が辿り着かない。途中で何か問題が発生したのでしょうか。
「カット」
どこからともなく、自然発生的に拍手がわき上がります。キャストたちに、スタッフたちに、そして観客役たちの健闘をたたえて「がんばろうね」の意をこめて。

何度か仕切り直し、何度目かの撮り直しを経て、無情の終電・タイムアウト。
まだ「OK」の声を聞いていないのですが、半数以上のエキストラたちが、後ろ髪を引かれまくりながら、会場を去らなくてはいけなくなりました。ここから振り出しです。

少しでも人数を多く見せなくてはいけないので、観客役は前後に、左右に移動しながら、シーンを作ります。





「カット」
撮影行程の半分の位置でカットがかかってしまいました。テクニカル的な問題が発生したようです。
もう午後9時過ぎてしまっています。もしかしたら、撮りきれないかもしれない。

今日は「OK」が出ないかも。この日の撮影が終了しないと、作品自体が成立しないかもしれません。
準備してきたスタッフ、その日々を追懐してしまう。
寝る間を惜しんでエキストラ集めに従事したボランティア・スタッフの顔、台風でテントや建て込みが吹っ飛んだのに、1日半で奇跡の復旧をさせた、スタッフ、美術部の顔、エキストラの顔々々。不安で胸が息苦しくなって、しゃがみこんでしまいそうになりました。
だけど、入江監督はあきらめていない、絶対。




「はい、もう一回いきまーす」
走る、走る、走る、キャスト、撮影部、録音部、照明部、助監督、監督、一段が走り去っていく。
静寂がやってきて、大群が戻ってくる。
シーンラストはエキストラも含め、キャスト50人がもみ合うので、緊迫感が場を覆います。
あのシーン、そして・・・



「はい、カットー、確認します」
モニターで確認。キャスト、スタッフみなで寄り添って見守る中、入江監督が振り返る。
「はい、OK です」



怒号。
歓声。
涙。
そして涙。

スタッフ、キャストは抱き合い、互いにぶつかり合う、涙でぐちゃぐちゃになりながら、それを繰り返す。
言葉にできない思いが湧き出てきて、みな何も言えないまま、抱きあう。

「とんでもないシーンが撮れました」
自主映画最大の、もちろん最高のシーンの誕生です。




TEXT by 宣伝番長(AKA NY宣伝部長 EMI)


(次回へつづく)




★DVDと原作小説が絶賛発売中

★Amazonほか店舗でも販売中

    

■受賞歴・記録■
◉モントリオール・ヌーヴォ国際映画祭招待上映 
◉ゆうばり国際ファンタスティック映画祭グランプリ受賞 
◉プチョン国際ファンタスティック映画祭 NETPAC賞(アジア映画最高賞)受賞
◉ニューヨーク・アジアン・フィルムフェスティバル(アメリカ)招待上映
◉第10回ドイツ“NIPPON CONNECTION”デジタルアワードノミネート
◉TBS ラジオ「ライムスター宇多丸のシネマランキング2009」ベスト1位 
◉新・文芸坐「気になる日本映画達2009上半期ベストセレクション」 
◉渋谷ユーロスペースで3日間の満員立見を記録 
◉池袋シネマ・ロサ初日レイトショー歴代動員記 録1位
◉「映画芸術」ベスト映画第6位 
◉東スポ映画大賞監督賞ノミネート
◉毎日映画コンクール音楽賞ノミネート(作曲家 岩崎太整)
◉第50回日本映画監督協会新人賞(入江悠監督)
◉2010年東京国際映画祭 映画祭&監督協会コラボ上映


スポンサーサイト

  • 2015.12.03 Thursday
  • -
  • 00:48
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
関連メルマガ
僕らのモテるための映画聖典 メルマガ
SRファン必見!映画×モテという2大テーマに挑むメルマガ!試し読みはコチラから
オフィシャル商品
ブロッコRADIO
入江悠(映画監督)×岩崎太整(作曲家)×上鈴木伯周(TKD先輩)+αで送る半径1Mのポッドキャスト!!
ブロッコRADIO Vol.1
「入江悠の残高○万円!」

ブロッコRADIO Vol.2
「恐怖!隣人からの壁ビートボックス」

ブロッコRADIO Vol.3
「野外録音ネイチャー派・MC TECの豪快な話」

ブロッコRADIO Vol.4
「音のマジシャン・山本タカアキ氏登場!」

ブロッコRADIO Vol.5
「監督入江からMCイックへの”かわいがり”!?」

ブロッコRADIO Vol.7
「入江×spotted直井×林賢一(放送作家)×他」

ブロッコRADIO Vol.8
「サントラ裏話。SR2準備中!」

ブロッコRADIO Vol.9
「SR2上映1ヶ月くらい前SP」

ブロッコRADIO Vol.10
「SR2の宣伝活動&イックとトムが歌舞伎に出演!」

ブロッコRADIO Vol.11
「SR2劇場公開翌日!皆のアイドルMCトムが登場♪」

[2011/07/05]
ブロッコRADIO Vol.12
「僕達はどうやってSRサイタマノラッパー3を作ればいいのか!?」

[2011/07/05]
ブロッコRADIO Vol.13
「SRサイタマノラッパー2 本編上映生コメンタリー完全版」

[2011/10/10]
ブロッコRADIO Vol.14
「SRサイタマノラッパー3 クランクアップだバカヤローーー!!」

[2011/10/29]
ブロッコRADIO Vol.15
「入江監督登場!しかし現実は…問題山積み大渋滞!」

[2012/1/10]
ブロッコRADIO Vol.16
「絶賛編集中!完成間近!しかし宣伝費が…」

[2012/4/8]
ブロッコRADIO Vol.17
「サントラ&書籍について語る!」

[2012/4/8]
ブロッコRADIO Vol.18
「まったなしの公開直前!意気込みを語る!」

[2012/5/3]
ブロッコRADIO Vol.19
「絶賛上映中!そしてもっとたくさんの人に観てもらいたい!」

[2012/5/18]
ブロッコRADIO Vol.20
「イベント『さよならSHO-GUNG』終了。そして地方の映画館へ。」

[2012/6/04]
ブロッコRADIO Vol.21
「6/9(土)究極のトークショー開催!」
ブログパーツ
categories
links
archives
recent comment
sponsored links